整体と身長

整体を行うと身長が伸びるということがあります。これは、骨格が自然な形に矯正されるからです。しかし、こうした身長が伸びるといった現象も、少し時間が経てば、元に戻ってしまいます。ですので、その状態をキープしたいのであれば、何度か整体に通い続けることが大事です。

身長を伸ばす骨格矯正は、骨盤の位置を正しくすることが一番大切です。整体は施術者によって、どのような施術を施されるかがまちまちなので、一概には言えませんが、患者を仰向けにして、足を内側にねじ込むような運動をすると、骨盤の位置が矯正されます。この時、痛みなどはほとんど感じません。施術者も訓練を積んできているので、患者が痛むような施術はしません。

また、背骨の位置をまっすぐにするという矯正もあります。この矯正でも身長が伸びるといった現象が起こる場合があります。背骨を矯正するには、首の骨をまっすぐにするといったことが肝心です。この施術では、首を左や右に曲げます。かなり強い音が出る場合もあります。しかし、心配する必要はありません。強い音が出たからと言って、首の骨に傷がついたりといったことはないのです。むしろ施術後は、すっきりとして気持ちがいいものです。この施術を行うことで、背骨の位置も正確な位置に戻り、背骨の弯曲も綺麗なものになり、仮に腰に痛みなどがあった場合、それも改善してくれます。

整体は広く世間に認知されている治療法ですが、日本では国家資格にはなっていません。それはなぜかというと、整体の流派があまりにも多くあり過ぎるためです。その数は、日本全国で、200の流派があると言われています。また、整体を国家資格にすることを嫌がる団体があります。それは、日本医師会です。整体が国家資格になると、整形外科の仕事の量が減り、食い扶持を減らすことになるから、日本医師会は反対しているのです。しかし、こうした反対の声もいずれなくなるでしょう。アメリカでは、カイロプラクティックと呼ばれる骨格矯正を行う整体のようなものが、すでに国家資格として認められているのです。日本でもいずれ、国家資格になることでしょう。

身長を伸ばすツボ?

身長を伸ばす方法ですが、実は身長を伸ばす効果のあるツボというのは全身にたくさん存在しています。
人間の身体にはつねに気が流れています。
その気がたまるのがツボということなのです。
このツボを押して刺激を与えることで、身体に良い影響も、時には悪い影響も与えます。
身長を伸ばすツボを押すことによって、成長ホルモンが多く分泌されます。
成長ホルモンが多く分泌すると、身長が伸びる体内環境が整います。
足の裏にある身長を伸ばすツボの種類ですが、身長をのばす効果のあるものは足の裏には3つあります。
脳下垂体(親指の腹)、甲状腺(親指の下の足の裏の平らの部分)、肝臓(小指の下の足の裏の平らな部分)の3つを、1箇所につき3分~5分程度押しましょう。
左右どちらの足でも良いですが、両方交互に押したほうが効果を得ることが出来るでしょう。
耳には身長を伸ばすツボがたくさんあるので、耳をマッサージするように刺激してみましょう。
これも3分~5分程度行います。
腎兪とは、背中側のウエストが一番くびれている部分の真ん中から指2本分外側に両側に2個あります。
仰向けになって寝転がって押すと良いでしょう。
身体が硬い人など、自分で押すのが難しければ人に押してもらうのも良いでしょう。
ここには生理痛を和らげる効果もありますので定期的に押しましょう。
10回交互に押すようにしましょう。
押すときのポイントとしては、痛みを感じる寸前くらいで手を離すようにしましょう。
これを繰り返すのがよりよい効果を得るためのポイントです。
強い痛みを感じたりした場合は様子をみましょう。
あまり強くやりすぎると、痣になったり良い効果を期待できないことがあります。
しかしここで書いてあるツボを押したからといって簡単に身長が伸びるわけではありません。
あくまで身長を伸ばしやすくする手助けをするのです。
押すと成長ホルモンが多く分泌されるので、食事や睡眠がとても重要になります。

あとは成長期の身長をサポートするサプリなんかもいいかもしれませんね。

身長に睡眠が重要なわけ

成長期に身長を伸ばす方法には何が一番良いのでしょうか。
これは成長期に入ったお子様を持つ親として本当によくある悩み事です。

もう伸びてきてもおかしくない年頃なのに、あまり伸びがよくない、平均を下回り始めた、という話はよく聞きます。身長の伸びにはもちろん遺伝も大きな要素としてはありますが、もちろんそれだけではなく、成長期にどのような生活をしたかがかなり重要なのは間違いありません。

そこで今回は、成長期に身長を伸ばす方法としておすすめできることをいくつかご紹介します。
まず、最も大事なのは睡眠です。質と量ともに十分な睡眠を取ることは、身長を伸ばす方法としてもっとも必要なことだと断言しても良いでしょう。身長を伸ばすためには十分な量の成長ホルモンの分泌がされることが必要です。そして、この成長ホルモンの分泌が最も活発になるのが、深い睡眠に入ったときなのです。そしてこの深い睡眠に入るためには、寝る直前に脳に刺激を与えないことが必要です。寝る前にスマートフォンやテレビの画面を見たりすることは絶対に避けるようにしましょう。また、寝る前2時間程度は食事をしないことも大切です。

次に大事なのが運動です。よく筋肉をつけすぎると身長が伸びないとは言われますが、ある程度の全身運動はやはり身長を伸ばす方法としては必要なものとなります。特に、バスケットボールなどのジャンプするスポーツやジョギング、ダンス、水泳など骨に対し縦方向の刺激を与える運動をすると身長が伸びると言われています。

そして最後にはやはり食生活です。バランスの良い食事を十分に摂ることはもちろん必要ですが、その上でタンパク質、カルシウム、亜鉛、マグネシウムが豊富に含まれる食品を重点的に摂れば、身長が伸びることに対して良い影響があります。よく言われる牛乳も、タンパク質とカルシウムを豊富に含んでいるので良い食品と言えます。他には、マグネシウムなど各種ミネラルを豊富に含むナッツ類もおすすめですし、亜鉛については牡蠣に豊富に含まれています。ただ、亜鉛はなかなか必要摂取量を摂ることが難しいので、適度にサプリメントなどで補充するのも良いかもしれません。

中3から身長を伸ばすためには?

中3から身長を伸ばす方法はたくさんあります。中3では少し遅いかもしれないと考える方もいるかもしれませんが、心配はありません。身長が伸びるか伸びないかは遺伝的な要素が強く、両親の身長に左右されがちですが、最近の食事療法などは非常に発達してきているので、それらを使用すれば、遺伝的な要素とかかわりなく、ある程度身長を伸ばすことができます。

中学3年生が身長を伸ばす際に一番大切なことが、キチンと食事をとることです。朝ごはんを抜いたり、夕食を食べなかったりなどの、不健康な食事をしていると、身長はまず伸びません。ですので、中学3年生の子供たちは、キチンと食事をとることが必要です。そして、その食事の内容は、バランスの良いものを摂取することが肝要です。例えば、朝ごはんなら、納豆ご飯やヨーグルトを食べることが大切です。納豆にはナットウキナーゼという成分が入っており、身長を伸ばすことに一役買ってくれます。また、ヨーグルトは、乳酸菌がたくさん入っており、人間の腸内を綺麗な状態に保ってくれます。こうした健康に良いものを食べることで、心身ともに健康になり、身長が伸びやすい環境を整えてくれるのです。

身長を伸ばすのに、なんといっても欠かせないのが牛乳です。牛乳にはカルシウムがたくさん含まれており、人間の骨を作る効果があります。身長を伸ばすには、体内で骨を作るといった作業が欠かせないので、牛乳は、身長を伸ばすためには必須の飲み物であると言えます。牛乳を飲んで身長を伸ばすということは、昔から行われてきたことで、バスケットボール部の生徒が毎日一リットルの牛乳を飲んで身長を伸ばしたなどという例もあります。牛乳を飲む際に大事なのが、その量です。100ミリリットルや200ミリリットルでは、その効果は十分に発揮されません。やはり、牛乳の紙パック一本、1リットル程度は飲まないと効果は発揮されません。しかも、それを毎日行わなければなりません。お金は少々かかりますが、身長が伸びれば、異性からモテる可能性もあがりますので、未来の自分への先行投資と考えればそれほど高くありません。

成長期の身長サポートに必要な栄養素

身長が伸びるということは、骨が成長して大きくなるということです。
筋肉や脂肪を付けることも大切ですが、人体の土台となる骨はとても重要な要素となります。

身長を伸ばす方法に、昔から牛乳をたくさん飲めば良いと言われてきましたが、残念ながら牛乳を飲んだだけでは身長を伸ばすことは難しいとされます。
牛乳から摂取できる栄養素はカルシウム、骨を強くする働きを持ちますが、伸ばすということはできないので、間接的には作用しますが、身長を伸ばすための直接的な影響はありません。

骨を伸ばすために必要なのは、カルシウムを始めとしたマグネシウム、タンパク質、ビタミンD、亜鉛の5つの栄養素とされます。
骨の型作りの土台となるのがタンパク質で、これにカルシウムがくっつくことで硬く丈夫な骨の形成となります。質の良いタンパク質を摂取できる食事は、牛や豚などの肉類、魚類、豆類、牛乳、卵などで、一部はカルシウムも一緒に摂取できるようになります。

次にマグネシウムは骨の強度や弾力性に関わるミネラルで、成長した骨を強くすることで骨折などの問題から守ってくれます。最も多く摂取できるのは大豆を含む豆類で、次いで魚介類、種実類、野菜から補給できます。

亜鉛はタンパク質の生成を助け、骨の成長を促進させる働きを持ちます。主な食事は牡蠣を始めとした貝類、煮干しなどにも多く含まれ魚類からも摂取することが可能です。
ビタミンDはカルシウムの吸収や骨に沈着するのをサポートするので、他の栄養素と一緒に補給することが重要となっています。魚介類から摂取できますが、特に多く含まれているのが椎茸やしめじといったきのこ類です。

その他にも鉄やマンガン、銅といったミネラル、ビタミンC、ビタミンK、といったビタミン類も必要になるので、バランスの良い食事を心がけるのが、身長を伸ばすための近道と言えます。ちなみに、タンパク質だけは通常の食事でも十分に補給できるので、必要以上に摂取する必要はありません。

不足しがちなのはカルシウムを始めとするミネラル類なので、これらを意識して摂取するようにしましょう。

猫背を正して本来の身長を取り戻す

大人になって成長期が終わってしまえば身長は伸びなくなってしまいます。成長させるという意味での身長を伸ばすことは難しいかもしれませんが、姿勢が悪いことや体重を支えていることで縮んでしまった身体を伸ばしてあげることで、本来自分が持っているはずの身長の高さに戻してあげることは可能です。

猫背などの悪い姿勢で日常的に過ごしていると、それを正すだけでも数センチの差がでてくることも珍しくありません。
大人になってからの身長を伸ばす方法は、歪んでしまった背骨を矯正して、体重を支えることで縮んでしまった骨と骨の間の軟骨部分を伸ばしてあげるということです。
姿勢を正してあげるということは、身長を本来の高さに伸ばしてあげることの他に、身体の歪みによって余計な負担がかかってしまっていた筋肉などにも効果がありますので、肩こりや腰痛、血流の悪さなどの改善なども期待できます。

猫背を解消して正しい姿勢になると、はじめのうちは背中や肩に余計な力が入っているように感じるかもしれません。しかしそれは今まで猫背という楽な姿勢を取っていたために、本来必要な身体を支えるための筋肉が衰えている可能性があるからです。
猫背は意識をして直さないと、背筋を伸ばしてもいつの間にか楽な姿勢に戻ってしまいますので窮屈に感じても背筋を伸ばす意識を常にするようにします。
背筋を伸ばすことを意識するためには、身体を伸ばすストレッチをこまめにしてあげると効果的です。
ちょっと猫背になってしまったなと気が付いたら、両手を組んで上に思い切り伸ばしてあげるだけでも効果があります。この時には腕だけでなく首から背中、腰から足、爪先までまっすぐに上に引っ張られているようなイメージで行うとよいでしょう。
寝る前や起きた時にも寝転がったまま手と足を引っ張るようなイメージで身体を伸ばしてあげます。
手を後ろに組んで後ろに伸ばすストレッチも丸まった背中を伸ばす効果があり、胸も広げられるので効果的です。

食事、運動、睡眠の3つが重要

成長期なのに身長がなかなか伸びない、周囲の友達との身長差が出てしまって並んで歩くことが恥ずかしいと悩みを抱えている子は珍しくはないですし、それと同時に子供の身長が伸びないことに悩む親も多いものです。
一般的に成長期とは思春期を迎えてから3年から4年の間のことを指しますが、成長期には男子だと20㎝から32㎝、女子なら12㎝から25㎝ほど身長が伸びます。
成長期に身長を伸ばす方法は、やはり食事、運動、睡眠の3つがとても重要になってきます。

まずは睡眠についてですが、成長ホルモンは眠っている間に分泌されています。
特に22時から2時の間はゴールデンタイムと呼ばれ、この時間帯に最も盛んに成長ホルモンが分泌されているので、夜更かしなどをすると成長ホルモンの恩恵を受けられず、身長もなかなか伸びなくなってしまいます。
睡眠を上手く使うことで成長ホルモンが分泌されるので、早寝早起きを心がけて1日に7時間以上の深い睡眠を取るようにしましょう。

次に食事ですが、成長期にはカルシウム、マグネシウム、ビタミンD、亜鉛、たんぱく質を意識して摂取することが大切です。
身長は骨の両端にある軟骨が成長することによって伸びるのですが、軟骨の成長を促すためにはこれらの栄養素が必要不可欠です。
バランスの良い食生活を送ることはもちろんですが、普段の食事の中でもこれらの栄養素を意識して摂取すると軟骨の成長もスムーズです。

最後に運動ですが、成長期にしっかりからだを動かすことは身長を伸ばすためのポイントでもあります。
運動を行うことで成長ホルモンの分泌も盛んになりますし、何よりも丈夫なからだをつくることができます。
身長を伸ばすための運動は骨に対して、縦方向に刺激が加わる運動が最も良いので、常に上下に揺れるジョギングやなわとび、またバレーボールやバスケットボールなども適しています。
また、通常に筋力トレーニング程度なら問題はありませんが、ウエイトリフティングや体操は軟骨を損傷しやすいので避けた方が良いでしょう。